おススメ資格商材=> 電気工事士の商材 =>第二種電気工事士非常識な教材

2011年02月26日

第二種電気工事士非常識な教材

第二種電気工事士試験では、合格ラインは60点なので
100点を取った受験生も61点の受験生も同じく合格なのです。
それができず、1からまじめに勉強する事を意識し全て理解しようと
勉強している方もいらっしゃいますが、
それでは、限りある勉強時間を効率的に使えません。

もし、あなたが計算問題の三角関数が覚えられない

この様な場合には、思い切って捨てる問題として、
まず他の自分のできる問題から取り組むということが限りある勉強時間を
効率的に使うためには重要になります。

出題される可能性の高い問題に集中的に取り組めていない

じつは、第二種電気工事士試験では類似問題が繰り返し出題されているのを
知っていますか?

私は毎年どの類似がどの頻度で出題されるかを検証しています。
その中で、繰り返し出題されている問題があります。
その繰り返し出題されている問題は89パーセントの確率で試験問題として
出題されています。
逆に、試験範囲にあっても出題されない問題と言うのも存在しているのです。

つまり、出題される問題と出題されない問題を知り
毎年出題される問題のみを集中的に取り組む事により無駄な問題を覚えたり
回答する必要がなくなるので必然的に勉強に取り組む時間を短くできるのです。

では、一体どんな勉強法なのか・・・ 
気になってらっしゃると思いますのでその一部を公開したいと思います・・・


第二種電気工事士非常識な教材
posted by アタリ at 10:14 | 電気工事士の商材
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。